慰謝料の請求で選ばれる弁護士の法律無料相談ホームページ

慰謝料の請求で選ばれる弁護士の法律無料相談ホームページ

慰謝料 請求

慰謝料 請求 請求

 

離婚をする時は財産分与や養育費、そして相手に何らかの原因があり精神的苦痛を受けた時は慰謝料請求が可能になっています。特に多いのが浮気や不倫、そして家庭内暴力、いわゆるDV(ドメスティックバイオレンス)です。ただしこの他離婚原因として多い、性格の不一致やすれ違いなどについては、どちらに責任があるとはっきり言えないため基本的に損害賠償を求めることはまずありません。

 

慰謝料請求は当人同士で話し合い、支払い額や方法を相談することができます。もちろんお互いに納得ができれば特に金額に決まりなどはないので、好きな額で賠償を求めることが可能です。ただし収入や資産、また社会的地位、離婚原因やその行為の悪質さ、婚姻期間などから算定されるこれまでの判例や、一般的な相場よりも大幅に高額なお金を受け取る場合については通常非課税になる慰謝料が、贈与だとみなされてしまい贈与税がかかってしまうことがあるため注意が必要です。

 

ただし上記のように個人間の話し合い、いわゆる示談でスムーズに希望が通るケースというのはあまり多くありません。たいていの場合はなかなか折り合いがつかず、中には相手がまったく和解に応じないというケースもあります。そのような場合はまず家庭裁判所に申立てをして調停を起こすことになります。調停自体の手続きはとても簡単ですし、費用も高くないため単独で行うことも可能ですが、やはりしっかりと交渉するには専門家を頼り相談する方が多いです。

 

調停でも慰謝料請求について話がまとまらない場合は、最終的に裁判の判決を待つことになります。相手にしっかりと離婚の原因があり、なおかつ有責が認められれば精神的苦痛に対する代償を求めることが可能です。少しでも自分の優位に話を進めたい場合、また手続き方法や内容に不安がある場合は、離婚問題に詳しい弁護士に相談することがやはり一番の安心です。費用や報酬が不安な方でも、無料相談ができる法律事務所などもあるので心配しないでくださいね。